846db01ac66c5adb12949337a587fb4c_m

ウエットスーツの着脱をスムーズに行なうには

ダイビングを始めよう!と思った時にまず買うのがウエットスーツ。初心者のうちはレギュレーターやBCD、ゲージ類まで一気に揃えることはないでしょう。続けられそうだと思った段階でこれらは購入すると良いでしょう。しかし、ウエットスーツは、最初の1回はレンタルでも、始めようと思ったら最初に購入するものなので、ウエットスーツとはどういうもので、初心者は着脱の際にどういう工夫をすると良いのか、まとめてみました。

ウエットスーツの素材は、ネオプレンゴムの表面にナイロンジャージが張ってあるものが主流です。ウエットスーツに使用されるネオプレンゴムの厚さは通常3~5mm。ゴムの中の気泡が浮力を作る役割を果たします。そのために水深の深いところではBCDで浮力を調整する必要が生じます。

ウエットスーツにしても、他の器材にしても、器材選びは先輩ダイバーやショップの人と相談して慎重に行なうことが大切です。デザインが気に入ったからというだけで決めてしまうのは避けたいものです。慣れないうちは着脱すら1人ではなかなか難しいのがウエットスーツです。

ウエットスーツの裏側にジャージが付いている場合には比較的楽に着脱ができます。しかし、ネオプレンゴムだけのものの場合には着るのも脱ぐのも一苦労。安定した場所に座って着脱することをお勧めします。

まずウエットスーツを着る時。ネオプレンゴムだけのものの場合には、裏側にパウダーをつけると良いでしょう。ウエットスーツが肌に張り付くのを防ぎ、着やすくなります。着るときには、ねじれさせないこと、全体を滑らせるように身につけること、たるみが生じないようにすることを心掛けます。注意したいのは、股下をピチッと決めること、上着は片腕をきちんと通してからもう一方の腕を通すことです。ただし、フード付きジャケットの場合は両腕を通して上からかぶりましょう。

脱ぐときには、ひっくり返しながら脱ぐと良いでしょう。ファスナーを開けて肩から脱ぎますが、慣れるまでは肘のあたりまで他の人に脱がしてもらうと良いと思います。肘まで脱いだら、後はひっくり返しながら腕を抜きます。ロングジョンも膝まで下ろしたら、後はひっくり返しながら脱ぐと良いでしょう。脱ぎにくいときには、シャワーで水を入れながら脱ぐとスムーズに脱げます。

★ダイビング関連リンク
沖縄 青の洞窟でダイビングなら沖縄ダイビングセンター
沖縄ダイビングセンターでは恩納村周辺での体験ダイビングやファンダイビング、青の洞窟シュノーケリングツアーなどをおこなっております。
沖縄 青の洞窟でダイビングなら沖縄ダイビングセンター

波高・周期、潮汐・潮位情報、1週間の満潮、干潮、月齢、月の出・月の入り、日の出、日の入りを提供。海釣りやサーフィン好きには必見の情報が詰まっています。
海の天気 – 日本気象協会 tenki.jp

06c4215d2df0052cc60d94f7fc91d589_m

初級ダイバー必見豆知識!

潜水のコツはダイビングスクールで習えますが、実際に海に出れば想定外の事態に出くわすことも…。
そこでこちらでは、中々気付きにくい・一人では答えが見つかりにくいダイバー特有の問題をピックアップしていきたいと思います。

1.船酔いにはどう対処すればいい?
ダイビングポイントに移動するには船を使うことが殆どですが、車以上に振動が激しく、酔いやすい方も多いはず。
まずは車の場合と共通の、以下の点に気をつけます。
・事前に十分な睡眠を摂る
・事前の過度な食事は勿論控え、また極度に空腹の状態も避ける
*地中海の漁師さんの間では、少量のビスケットを前以て食べていると、胃の中の水分が吸収されて中身が揺れず、船酔いを避けられると伝えられているそうです。
・船の中で座る位置に気をつける(走行中=後部、停泊中=中央)
そして直接的な対策として、
・酔い止め薬を服用される
場合も多いかと思われますが、薬の種類によっては抗ヒスタミン剤が多量に含まれており、直前に服用すると副作用が悪影響*を及ぼすことがあります。
*頭痛や眠気が発生し、ダイビング中の判断力が低下する
*窒素の排出を妨げる
上記の抗ヒスタミン剤の配合量が緩和されている「SS製薬 アネロンニスキャップ」がお勧めです。

2.耳抜きが上手くいかない…
「耳抜き」が上手くいかないと、気持ちが悪かったり痛みを感じたりして、ダイビングをする上でのストレスになります。
やはりこちらも寝不足や疲れなどの体調不良が原因の一つですが、「身体の冷え」によっても耳管開口部がむくんで耳抜きがしにくくなります。
したがって耳抜きのコツがまだ掴めていない方・耳抜きがしにくい体質の方は、水温が低いスポットでのダイビングをしばらく避けるのも対策の一つです。
そして実際の耳抜きのコツは、
・ガムを噛む・飴を舐めることで唾液を飲み込む
・水中に入る直前(水面)で一度耳抜きする
・耳に違和感を感じた時点で耳抜きをする。放置しておくと痛みにつながります。
・水深が浅い場所でこまめに耳抜きをする
以上が挙げられます。

3.ダイビングをすると腰痛になる
タンクの重さが原因であることが殆どです。
ダイビング中の問題については、負担のかからないような正しい姿勢を心掛けるか、タンクの重さを分散できるウエイトベストを利用する、軽量のスーツを利用する、といった対策しか提案できないのが現状です。
タンクの重みが負担にならないように日頃から腹筋、背筋の筋力を上げておくと良いでしょう。
★ダイビング関連リンク
沖縄 青の洞窟で体験ダイビング|沖縄ダイビングセンター
沖縄ダイビングセンターでは恩納村周辺での体験ダイビングやファンダイビング、青の洞窟シュノーケリングツアーなどをおこなっております。
沖縄 青の洞窟で体験ダイビング|沖縄ダイビングセンター

PADIジャパンウェブサイトでは、ダイビングCカード取得コースの講習内容や全国のPADIダイビングショップ情報、最新のダイビングスポット情報等を提供しています。
PADI Japan(パディ・アジア・パシフィック・ジャパン) 公式サイト

e049af750cc274153dd44641f144222f_m

ダイビングの強者におススメ!ダイビングの定番ではないスポット

スキューバダイビングというものは、普段の日常生活ではお目にかかることができない海の中の世界の素晴らしさを見てそして肌で感じることのできる素晴らしい感動の体験です。

そんな感動体験を味わうのであれば、どうせするのであれば、きれいな海でやりがいのあるダイビングをしたいですよね。基本的にはダイビングは綺麗な海でしかやらないものなんですけれどね。

では、綺麗な海ってどこにあるの?と言いますと、どこを思いうかべますか?そう聞かれますとまず沖縄を思い浮かべますよね。外国もたくさんきれいな海はありますが、沖縄は日本国内にありますし、現在では簡単に行くことができますしね。美しい海とかいて美ら海というぐらいですから、知名度もばっちりです。
それは当然の発想ですので美ら海でのスキューバダイビングは定番中の定番であると思います。

そこでダイビングの定番ではなく、あまり知られていない、一味違ったダイビングスポットを紹介いたします。それはどこにあるのかといいますと、ズバリ「世界遺産」です。日本には世界遺産に登録されている地域がたくさんありますよね。その海でのダイビングをおススメしたいというわけです。世界遺産にも登録されているわけですから、海が綺麗であるのは間違いないですしね。まずは、屋久島の海です。屋久島には今現在においても豊かな自然がたくさん残っており、周辺海域の美しさは沖縄にも引けを取らないものがあります。また屋久島だからこその生物や植物、食べ物なども目にすることができますので、スキューバダイビングに慣れてきたという人は是非チャレンジしていただきたいスポットであります。

そのほかのダイビングスポットで定番ではなく、美しい海があって珍しいところといいますと、知床です。知床は知っての通り北海道です。もちろん氷点下の海へ潜ることになりますので、普通の温かい海にあきてしまったという方は、是非チャレンジしてみて下さい。
★ダイビング関連リンク
ダイビング 沖縄の青の洞窟 沖縄ダイビングセンター
沖縄ダイビングセンターでは恩納村周辺での体験ダイビングやファンダイビング、青の洞窟シュノーケリングツアーなどをおこなっております。
ダイビング 沖縄の青の洞窟 沖縄ダイビングセンター

ダイビングのすべてがわかる日本最大級のダイビングポータルサイト、ダイバーオンライン。初心者からベテランダイバーまで、ダイビングスポットやショップ情報など幅広くお届けします。
ダイビングならDiver Online

54be875f4bac436edb2d2ebae611cfb1_m

湘南の海でダイビングを楽しむため注意点

現在様々なマリンスポーツが存在しています。それはサーフィンや水上スキーなどです。これらのスポーツは初心者にも取り組みやすいスポーツとして有名です。その為に現在それらの競技者人口は、増加していると言われています。

けれどもこれらのスポーツには欠点があります。それは怪我です。確かに楽しいマリンスポーツではあるものの、怪我が絶えない事でも有名です。では怪我しないマリンスポーツは無いのでしょうか。それは違います。安全なマリンスポーツがあるのです。それがダイビングです。ダイビングとは酸素ボンベをつけ、海を歩くものです。その海中を歩く過程において、様々な海洋生物達と触れ合うことが出来ます。このダイビングが都会の喧騒を忘れ自然と一体化出来るスポーツとして、人気を集めているのです。

けれどもダイビングのライセンス取得が大変と思われている人が多いために、一歩踏み出すことが出来ないという人も存在します。私もダイビングに興味はあったものの踏み出すことの出来なかったひとりでした。しかし今では、毎週のようにダイビングを楽しんでいます。その理由は、近場でダイビングを楽しめることがわかったからです。

私がダイビングを始めた場所は、神奈川県の湘南です。湘南海岸といえば、サーフィンのイメージが強い場所ですが、ダイビング教室も存在しています。その教室に通えば、すぐにダイビングライセンスを取得することが出来ます。さらに経験豊富なスタッフもたくさん要るために、初心者の方でも安全にそして楽しみながら取得することが出来るのです。

また湘南の海は、東京や埼玉など首都圏からも簡単に行ける海岸です。日帰りのダイビングも可能です。さらに電車やバスなど公共交通期間も充実しているために、交通費もあまりかからないです。更に旅館やホテルなども数多く有るために、泊まりでのダイビングも計画することが出来ます。一度湘南の海を楽しんでみてはいかがでしょうか。そこには素晴らしい海が待っています。
★ダイビング関連リンク
沖縄 体験ダイビングなら沖縄ダイビングセンター
私達、沖縄ダイビングセンターの「体験ダイビング」サービスをご紹介しています。沖縄にある神秘的な人気ポイント「青の洞窟」、とサンゴとカラフルな魚が多い「クマパラポイント」。ここでの体験ダイビングは本当におすすめです。
沖縄 体験ダイビングなら沖縄ダイビングセンター

レジャーダイビング認定カード普及協議会。活動内容、指導基準、認定動向。
Cカード協議会(レジャーダイビング認定カード普及協議会)